【2020年版】U-NEXT(ユーネクスト)の支払い方法や、各支払い方法のメリット・デメリット

本記事ではU-NEXT(ユーネクスト)の料金・支払い方法と、各支払い方法のメリット・デメリットを解説します。

本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT(ユーネクスト) サイトにてご確認ください。

U-NEXT

U-NEXTの支払い方法

U-NEXTの支払い方法には主に4種類存在します

  1. クレジットカード
  2. キャリア決済
  3. Amazon.co.jpでのお支払い
  4. U-NEXTカード・ギフトコードでのお支払い
  5. AppleIDでのお支払い

 

クレジットカードでのお支払い

クレジットカード

U-NEXT(ユーネクスト)の決済に使えるクレジットカードは以下の通りです。

VISA

Master Card

JCB

アメリカン・エキスプレス

ダイナースクラブカード

一番メジャーな支払い方法はクレジットカードではないでしょうか?

クレジットカード情報を登録しておけば面倒な手続きも一切なく月額料金を支払うことができます。

また、U-NEXT(ユーネクスト)は月をまたぐと自動で翌月も引き落とされるシステムになっているため、もし解約する予定なのであれば注意が必要です

 

キャリア決済

携帯

現在U-NEXTでキャリア決済できるのは以下の通りです。

ドコモ払い

auかんたん決済

ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い

キャリア決済とは携帯の使用料金と一緒に請求をまとめることができる決済方法で、様々な場面で利用されています。

例えば映画館をwebから予約した際や、paypayなどのチャージもキャリア決済で行うことができ非常に便利な機能となっています。

しかし使いすぎると知らず知らずのうちに月の支払い料金が増えていく恐れがあるため注意が必要です。

クレジットカード情報を入力したりするのが嫌な人向けかなと個人的には思います。

また、新規会員登録時(無料トライアルも含む)にクレジットカード情報を入力した場合、後からキャリア決済に変更できない仕様になっているため注意が必要です。

 

Amazon.co.jpでのお支払い

amazon

Amazon Fire TVやFire TV stickを利用されている方はAmazon.co.jpで支払うことも可能です。

しかしこの支払方法は、雑誌・漫画の読み放題や書籍の購入ができないというデメリットがあるためあまりお勧めはしません。

 

U-NEXTカード・ギフトコードでのお支払い

u-nextカード

クレジットカードを使用しなくてもサービスを利用できる支払い方法としてU-NEXTカード・ギフトコードが存在します。

コンビニに売ってるitunesカードのようなもので、見放題カードと、ポイントコードが存在します。

見放題カード
・7日間見放題+550ポイントつき
・30日間見放題+1200ポイントつき
これらの2パターンが用意されており、GWやお盆休みなどの連休などに一気に見たい方に嬉しい7日間見放題タイプもあります

 

ポイントコード
新作などの有料作品などを見たい方向けで、ポイントを購入する際に使用するカードです。
550~50,000ポイントから自分の好きな金額で購入することができますが、U-NEXTの月額料金の支払いに使用することはできないので注意が必要です

また、新規登録時に見放題カードを使用すると無料トライアルすることができない点も気をつけましょう

 

AppleIDでのお支払い

5つ目はAppleIDでのお支払いです。

こちらの支払い方法はiOSアプリから利用する人のみ利用可能な決済方法です

ただ、月額料金が2,400円と割高になってしまうためオススメはしません。

各支払い方法のメリット・デメリット

次に私が考える各支払い方法のメリット・デメリットを紹介します。

クレジットカード

メリット

  • 登録が簡単
  • 月が変わっても自動更新されるため、継続利用する予定の方は楽
  • クレジットカードのポイントも一緒に貯めれる
デメリット
  • 新規登録時にクレジットカード決済を選択した場合は後からキャリア決済に変更できない
  • いつまで利用するかまだ決まっていない方は、解約手続きを忘れていた場合翌月も引き落とされるリスクがある。

メリットとして、クレジットカード決済を選択すると一度カード情報を入力しさえすればその後面倒な手続きが一切ないことが挙げられます。

しかしU-NEXT(ユーネクスト)の仕様上、契約は自動更新されます。もし一旦サービスを利用するのをやめようと思った際に万が一解約手続きを忘れてしまった場合、クレジットカードから自動で引き落としされるため注意が必要です。また、新規登録時にクレジットカード決済を選択した場合は、後からキャリア決済に変更できないのが最大のデメリットではないでしょうか?

 

キャリア決済

メリット

  • クレジットカードを持っていない方でも利用できる
  • 後から支払い方法を変更できるため、最初の支払い方法選択としては無難

デメリット

  • いつまで利用するか決まっていない方は、解約手続きを忘れていた場合翌月も引き落とされるリスクがある。

私個人としては、キャリア決済でのお支払いをおすすめします。

最大のメリットとしてクレジットカードを持っていない方、また持っているけど使いたくない方でもキャリア決済を選択すればクレジットカードが不要です。

ですがパソコンからの登録だとキャリア決済の登録画面が出てこないので、携帯かタブレット端末から登録しましょう。

またデメリットとして、自動契約されてしまう可能性を挙げましたがこれはクレジットカードにしても同じなので、あってないようなものでしょう。

 

Amazon.co.jp

メリット

  • なし

デメリット

  • 漫画・雑誌の読み放題や書籍の購入ができない

かなり辛口ですが、個人的にこの決済方法を利用するメリットはあまり感じられません。

むしろ漫画や雑誌の読み放題や書籍の購入ができないという致命的なデメリットを背負っているため他の決済方法を利用したほうがよさそうです。

 

U-NEXTカード・ギフトコードでのお支払い

メリット

  • クレジットカードを持っていない人でも使える
  • クレジットカードを持ってなくて、携帯の支払い名義が自分名義ではない人でも気兼ねなく使える
  • 7日間利用というプランがある

デメリット

  • わざわざコンビニ等に買いにいく必要がある

このプランの最大のメリットは7日間利用というプランが存在することで、例えばゴールデンウィークやお盆休み等のまとまった休暇の間に見たいといった方におすすめです。

また携帯料金を親に払ってもらってる学生等でもU-NEXT見放題カードを使用することによって、携帯料金を気にすることなく使用できます。

AppleIDでのお支払い

デメリット

月額料金が他の支払い方法に比べて割高

この支払方法にするメリットは特にありません。

他の支払い方法と比べると月額料金が200円ほど高くなってしまうため、個人的には他の支払い方法をオススメします。

U-NEXTを利用するにあたっての注意点

U-NEXT(ユーネクスト)を利用するにあたって、契約するタイミングはとても重要です。

U-NEXT(ユーネクスト)では月単位で月額料金が発生します。

例えば2019年11月27日に登録、利用開始した場合に次の支払いが発生するタイミングは2019年12月1日になり、最初の月は4日間で1ヶ月分の料金を支払うことになります。

そのため月始にサービスを利用開始するのが一番お得で、月末に利用開始するとかなり損していまいます。

また、日割りでの料金支払いに対応していない点も注意が必要です。

 

まとめ

U-NEXT 支払い方法

  1. クレジットカード
  2. キャリア決済
  3. Amazon.co.jp
  4. U-NEXTカード、ギフトコード

U-NEXT(ユーネクスト)では以上の4つの支払い方法が選択でき、またクレジットカードを持っていない方でも登録可能です。

また、31日間無料でお試しすることもできるので気になる方は以下の記事にて登録方法を解説していますのでよければご覧ください。

u-next-trial【2020年版】U-NEXT(ユーネクスト)無料トライアルの始め方・登録の仕方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です