VOD(動画配信サービス)のレンタル代って高い?安い?お得にレンタルできるVODとあわせて紹介!

以前は映画を見るとなれば、レンタルショップに行ってDVDを借り、見終わったら返却しに行くといったスタイルが主流でしたがVOD(動画配信サービス)の普及によって、今ではネット上で新作映画等をレンタルすることができるようになり、レンタルショップを利用しなくなった人もいるかと思います。

世界的に見た時の業界最大手であるNetflixの日本国内での会員数は500万人を突破し、飛ぶ鳥を落とす勢いでVOD(動画配信サービス)が普及してきています。

VOD(動画配信サービス)はアニメや映画、ドラマなどが月額制で見放題になるサービスですが、新作に関しては追加課金してレンタル配信しているところがほとんどです。

そこで本ページでは、VOD(動画配信サービス)のレンタル作品の料金が高いのか、もしくは安いのか、様々な観点から考察しています。

\ U-NEXTを無料体験 /

VOD(動画配信サービス)を契約するメリット

筆者が個人的に感じるVODに契約するメリットは以下の通りです。

  • 様々なデバイスで視聴可能
  • 動画を見たいと思った時にいつでも見れる
  • 様々なジャンルの作品が楽しめる
  • 動画のダウンロード機能がある
  • 一度再生した動画を続きから再生できるためまとまった時間がなくても少しずつ動画を楽しめる
  • レンタルショップに行って借りる手間と返却する手間がない

VODと言えば、パソコンやiPhone等の携帯から見るものだと思われがちですが、テレビなど様々な端末で視聴することができます。

私自身約2年程、Amazonプライムビデオ・Hulu・U-NEXTに契約しているのですが、個人的に契約しててよかったと思う一番のメリットが、まとまった時間がなくても楽しめるということ。

DVDを借りて映画を見るとなると、ある程度まとまった時間がある時でないとなかなか見ることができませんよね。

しかし、VODで動画を見る際には一度再生した動画をもう一度後から再生すると続きから再生されるため、隙間時間を有効利用して動画を楽しむことができます。

また、動画のダウンロードやビデオ・イン・ピクチャなどの機能を含めて様々な機能が携帯アプリに備わっていたりするので、かなり快適に動画を視聴できますよ。

ビデオ・イン・ピクチャとは?
ビデオ・イン・ピクチャとは、別のアプリを使いながら小窓で動画再生ができる機能です。例えば動画視聴中に友達からLINEのメッセージが来た場合、LINEアプリをアクティブにしても画面の端っこに邪魔にならない程度の大きさで動画が再生されます。

VOD(動画配信サービス)を契約するデメリット

せっかくなのでVOD(動画配信サービス)を契約するデメリットも挙げておきます。

実際に2年契約してみて感じたデメリットは次の2点です。

  • 月額料金がかかるため、忙しい月は少し損した気分になる
  • ものによっては作品のレンタルがTSUTAYAなどのレンタルショップより割高

VODも料金は幅広く、500円~2000円前後が相場となっています。

この料金が高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、例えば忙しくてあまり動画を見ることができなかった月とかはどうしても損した気分になってしまうデメリットがあります。

また、VODで配信されているものは見放題作品とレンタル作品(課金)にわかれるのですが、レンタル作品の料金が、TSUTAYAやGEOのようなレンタルショップと比較した際に割高になってしまうケースも少なくありません。

レンタルショップへわざわざ行かなくてもよくなるというメリット等を考慮すると多少割高でも全然気にしないという人はいると思いますが、これも人それぞれですね。

レンタル作品の相場や、レンタルショップでの料金との比較は本ページの後半部分で紹介しますね。

VOD(動画配信サービス)のレンタル作品の相場は?

VOD(動画配信サービス)のレンタル作品の相場といっても、どのVODに契約しているかによってかなり値段が変わります。

例えば、2021年の4月と6月に映画『るろうに剣心 最終章』の2部作が公開され、過去の3作品も見返したいなと思ってVODでレンタルしたのですが、安いところで1本あたり199円、高いところで1本あたり440円と、かなりバラつきがありました。

この記事を書くにあたって、様々なVODでレンタル作品の値段を調べてみましたが、本サイトではその中でも特にレンタル作品の値段が比較的リーズナブルで、作品数も多いAmazonプライムビデオとU-NEXTを例に、相場を紹介していきます。

新作のレンタル作品の相場

まずは結論から。

新作の場合Amazonプライムビデオはだいたいの作品が500円で、U-NEXTは400~500円でレンタル可能です。

1本レンタルするのにかかる料金は、新作の場合だとU-NEXTのほうが安い作品が多い印象でした。

特にU-NEXTは、新作映画の配信に力を入れており、他社サービスでは配信していないようなものを独占最速配信していたりと、新作扱いの作品の中でもラインナップが良い印象です。

また、後述しますがU-NEXTはU-NEXT独自のポイントを購入し、それを消費することで作品をレンタルできるのですが、このポイントをクレジットカード経由で決済することで40%後から還元される「ポイントバックプログラム」を実施しているのでお得にレンタルすることが可能です。

しかし、配信されている作品の中で一部レンタルするのに1,100円かかったりするものもあるので、作品をレンタルする場合は契約しているVODの中から最安値でレンタルできるところからレンタルするようにしましょう。

準新作や旧作のレンタル作品の相場

準新作や旧作の場合、AmazonプライムビデオやU-NEXTではだいたい1本あたりのレンタル料金が100円~400円程度でした。

旧作といっても全ての作品がレンタル作品になるわけではありません。

過去にヒットした作品等が基本的にレンタル作品扱いになり、その他作品は見放題で見れるケースが多い印象です。

Amazonプライムビデオでは基本200円~400円程度でレンタルできる印象ですが、週末など定期的にセールとして一部の作品が100円でレンタルできたり、作品によってはAmazonプライムビデオのほうが圧倒的にコスパは良くなります。

またU-NEXTでは準新作や旧作の場合、多くの作品は110ポイント~399ポイントで視聴することができます。

その中でもほとんどの作品が199ポイントでレンタル可能、そしてセール中は199ポイントの作品が110ポイントになっていたりするイメージです。

VOD(動画配信サービス)のレンタル作品って高い?安い?

VODのレンタル作品が高いか安いか、これは人によって感じ方はそれぞれだと思いますがGEOなどのDVDのレンタルショップのレンタル料金と比較してみましょう。(GEOのほうがTSUTAYAよりもレンタル料金が安かったため、比較対象をGEOにしました。)

大前提としてこのようなレンタルショップは地域などによってレンタル料金が異なるので一概には言えませんが、調べてみると例えば新作であればレンタル料が250~300円程度、準新作が160円前後、旧作が100円前後程でした。

上記の値段は新作が1泊の値段、準新作や旧作は7泊の値段です。

こう見ると新作に関してはGEOなどのレンタルショップでレンタルしたほうが安く済み、準新作や旧作に関してはVODでレンタルするのとさほどは変わりませんね。

VODの場合はレンタルすると48時間で見れなくなってしまうところがほとんどで、準新作や旧作に関してはレンタルショップよりもレンタル期間がかなり短いですが、実際に視聴する前に料金を払ってレンタルする人がほとんどだと思うのでこの点は考慮していません。

少しでも節約したい方は新作に関してはレンタルショップでレンタルし、準新作や旧作でVODで安くレンタルできるものであればVODでレンタルするのが無難でしょう。

VODでレンタルするメリットとして、DVDをレンタルしに行ったり、返却しに行くという手間がありませんからね。

VODのレンタルは安いのか高いのか
新作:レンタルショップのほうがお得にレンタル出来るケースが多い

準新作や旧作:ものによるが、レンタルショップでのレンタルとVODのレンタルとではさほど料金は変わらない

VOD(動画配信サービス)のレンタル作品の費用を抑える方法

VODで映画等をレンタルする際に、少しでもお得にレンタルできる方法を考えてみました。

  1. 契約しているVODの中から出来るだけ安くレンタル配信しているところを選ぶ
  2. Amazonプライムビデオのセールを狙う
  3. U-NEXTの「ポイントバックプログラム」を利用する

出来るだけ安くレンタル配信しているVODから視聴する

VODのレンタル費用を抑えるのに一番手っ取り早いのはコレですね。

一つのVODしか契約していない人はそこでレンタルするしかありませんが、Amazonプライムビデオともう1つVODを契約している人も少なくはないかと思います。

複数のVODを契約している人は安くレンタルできるほうから視聴するようにしましょう。

Amazonプライムビデオのセールを狙う

Amazonプライムビデオと言えば月額500円で契約できるAmazonプライム会員の特典のうちの1つであるため、契約している人も多いと思います。

実はAmazonプライムビデオには定期的に期間限定でセールを行っており、レンタル作品が最安値100円~お得に視聴できたりします。

その時期によってもセール品の作品ラインナップも変わるので定期的にチェックして、興味がある作品があれば是非視聴してみてください。

U-NEXTのポイントバックプログラムを利用する

U-NEXTでレンタル作品を視聴する際には、U-NEXT独自のポイントを消費する形でレンタルすることになります。

このU-NEXTポイントは毎月1日に1,200ポイント配布される他、追加課金することでチャージすることも可能です。

追加課金する際に支払い方法をクレジットカードにしておくと、購入金額の40%が後日自分のアカウントに戻ってくるキャンペーンをしているので、これを利用することでお得に作品をレンタルすることができます。

U-NEXTのポイントバックプログラムやポイントの使い道に関して、以下の記事でまとめているのであわせてご覧ください。

U-NEXTポイントで映画のチケットを購入できたりもしますよ!

【2021年版】U-NEXTの評判・魅力は!?悪い評判・口コミはどう?

レンタル作品をたくさん見たい人向けのオススメVODを厳選して紹介

VODの最大の魅力は定額で見放題作品をたくさん視聴することができることだと思いますが、コスパ良く新作や準新作・過去の名作等が見れるのであればレンタル作品もなかなか悪いものではありません。

VODといえば見放題で動画が見れるのがうりだと思うので、どうしても追加課金が必要なレンタル作品は割高に感じてしまう人もいると思います。

そこで、レンタル作品もコスパ良く見ることができるのであれば見てみたい!という人向けにオススメのVODを2つ紹介します。

オススメのVOD①:Amazonプライムビデオ

サービス名 Amazonプライムビデオ
料金 500円(年間契約4,900円)
作品数 非公開
画質 SD/HD/フルHD
同時視聴 〇(同時に3台まで)
動画ダウンロード機能
無料期間 30日間

おすすめの1つ目は皆さんご存じのAmazonプライムビデオです。

Amazonプライムの特典のうちの一つで、Amazonプライムを契約している人は多いのではないでしょうか。

Amazonプライムの月額料金は500円(税込)で、破格の値段で動画を楽しめるだけでなくAmazonで買い物する際の送料やお急ぎ便や無料になったりと、数々の特典がもれなくついてきます。

ネットで買い物をする人にとっては、月に1・2回Amazonで買い物をするだけで送料無料の特典により月額料金の元が取れてしまうというとんでもないサービス

 

上記で述べたように定期的にレンタル作品のセールをしていたり、他社サービスだとレンタル作品なのにAmazonプライムビデオでは見放題配信されている作品タイトルも結構あるので、月額500円(税込)で契約できるVODとしては破格のサービスなのは間違いないでしょう。

オススメのVOD②:U-NEXT

サービス名 U-NEXT
料金 2,189円(税込)
作品数 230,000(見放題作品数210,000) 2021/7月時点
画質 フルHD/4K
同時視聴 〇(同時に4台まで)
動画ダウンロード機能
ファミリーアカウント 追加で3アカウントまで作成可能(合計4アカウント)
特典 毎月1,200ポイント付与
無料期間 31日間

2つ目のオススメはU-NEXTです。

U-NEXTは月額料金が2,189円(税込)と少し割高ですが、見放題作品数が25ヶ月連続でトップを誇る日本最大級の動画配信サービスです。

最新のものから過去の名作まで幅広いタイプの作品が揃っています。

動画のダウンロード機能はもちろんのこと、携帯アプリの使用感やUI・UXも抜群でサービス全体としての満足度は個人的に一番ですね。

 

また、毎月1日になるとU-NEXTポイントが1,200ポイント配布されます。

このポイントを利用することで月額料金内でレンタル作品を視聴することができる他、1,500ポイントで映画チケットを購入できたりもします。

上記で述べた「ポイントバックプログラム」を利用することでレンタル作品をお得に視聴することができたり、映画チケットをお得に購入することができますよ。

U-NEXTは正直は月額料金は高いものの、ポイントを上手く活用することでお得に動画を楽しむことが出来るサービスです。

U-NEXTのポイント活用術については以下の記事を参考にしてみてください。

【2021年版】U-NEXTを安くする方法はある!?お得に動画を楽しむ攻略法
\ U-NEXTを無料体験 /

まとめ;VODのレンタルは高いの?安いの?

VODのレンタル作品が高いのか安いのかはその人がどう感じるかにもよりますが、GEOなどのレンタルショップのレンタル料金との比較でいうと、VODレンタル作品は新作に関しては少し割高、準新作や旧作に関してはほぼ同等の値段もしくは少し割高くらいだと思います。

作品タイトルによってVODでのレンタル料金も異なってきますし、レンタルショップも地域によって料金が変わるので一概にどっちが良い!ということはできません。

VODにはDVDを借りたり返却したりといった手間もなく、返却し忘れで延滞料金が取られることもない分気軽にレンタルできるというメリットがあります。

料金じたいはVODのレンタル料金のほうが少し割高ではありますが、機会費用で考えると人によってはVODでレンタルしたほうが良い気もします。

本ページでは、以下のように結論づけたいと思います。

VODのレンタル作品の料金は高いのか、それとも安いのか?

  • 料金自体はレンタルショップのほうが安いケースが多い
  • 機会費用を考えるとVODのレンタル作品も決して割高とは言えない
\ U-NEXTを無料体験 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA